福岡発ダンス∞アート情報

ダンス、アートに関する身近な情報から日々の雑感まで、何でもありの愉快なブログ。「福岡ダンスフリンジフェスティバル」「福岡ダンスウィーク」「踊りに行くぜ!!」福岡公演の情報発信元。    organized by NPO法人コデックス Co.D.Ex.
<< 『ダンスに湿布?、no!リンクを貼る | main | う〜ん幸せ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
アートの現場・福岡でのパフォーマンス@福岡県立美術館
明日、というか、今日になってしまいましたが、福岡県立美術館で開催中の「アートの現場・福岡vol.18〜Art Tours Project -稜線の向こう-」展で、パフォーマンスが上演されます。
「アートの現場・福岡」シリーズでは、毎度、福岡で注目される造形作家たちが紹介されています。今回は村上勝氏プロデュースによるもので、パフォーマンスも知る人ぞ知る、パフォーマーたちが勢揃いですよ。聞き耳を立てる

「アートの現場・福岡vol.18〜Art Tours Project -稜線の向こう-」
6月16日〜7月23日@福岡県立美術館

■パフォーマンス:6月18日(日)14:00〜
出演:カッパ/KARAS/川路益右/首藤マヤ/山口千春/はやし史
※鑑賞無料
※各パフォーマーが20〜30分ずつ上演していくそうです。


聞き耳を立てるそれと、もう一つは、今日見てきた美術展より。
↓↓

身体の風景ーパフォーマンスの記録ー@アジア美術館
6月15日〜8月29日@福岡アジア美術館 アジアギャラリーB

福岡アジア美術館が所蔵する、美術家によるパフォーマンスの記録写真・映像と、作家自身が登場して身体表現を行っている写真作品などの展示。
アジア美術館が出来たアジアの現代美術が注目されだした頃のワン・ジンや、マ・リューミン、リー・ミンシェンなどプロパガンダ的力の強い作品の数々は、うつろえるアジアの歴史を感じ、とても興味深いですよ。ヘリ・ドノの作品で、舞踏家・桂勘などが参加した『チェアー』は映像も見られます。
美術としての「パフォーマンス」とコンテンポラリー「ダンス」との境目ってどんどん近づく、というか見えなくなってる感じがしています。これまでダンス一筋な方たちにも、こういった展覧会ってのはいかがでしょうか?



サッカーボールあああ、、、今夜もワールドカップは良い試合揃いで眠れない!!ムニョムニョ
| mimiyori | アート | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:20 | - | - |









  カウンター

一番上へ